カフェについて考える
b0102217_16321583.jpg

表紙にインパクトがあるので、まろねの本棚の中でもよくお手に取っていただける本、
「わたしがカフェをはじめた日」
京都の個人店の店主さんのインタビューがのっています。

ここに載っているお店は人気店で、まろねとはまるで違うけれど、
店をやっている者として、カフェあるあるにうなずきながら読みました。
ちょこちょこぷっと笑えるところもあります。

ちょっと前から「カフェ」という言葉に違和感を感じることも多く、
なんとなくもやもやとしています。
店をはじめたころは、今では聞き飽きた「おうちカフェ」なんて言葉もまだ新鮮で、
素人くさい店でもそれが珍しがられていた気がしますが、
最近はそんな店は飽きられ、
「カフェ=パスタとかカジュアルなイタリアン風のお店」という風潮もあって、
私たちがやっている店は「カフェ」なのか?と迷走気味。

「カフェ」という言葉で表す店の範囲が大きすぎて、
「カフェです。」と言っても何の店だか伝わらないこともあるので、
最近では、「お茶とごはんと雑貨」となるべく具体的に書くようにしたりしています。

でもこの本を読むと、まろねはやっぱり「カフェ」で間違ってないかも、と思ったり。
自分たちのやりたい店はどんな店か、考える毎日です。

(朋)

●○●木更津のcafe カフェ 「まろね」marone●○●

【open】 AM11:00~PM7:00 (ラストオーダー6:00)

【close】 10月のお休みは毎週火曜日と15日水曜日です。
      11月のお休みは毎週火曜日です。(臨時休業が追加される予定です)


・千葉県木更津市文京2-6-34 「marone」

facebook / Twitter もやっています。
[PR]
by marone-cafe | 2014-10-31 17:10 | 雑記 | Comments(2)
Commented at 2014-10-31 18:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by marone-cafe at 2014-11-01 11:35
*鍵コメM様
ありがとうございます!「おやすみ処」よい言葉ですね~
私たちもお高くとまっているお店はちょっと苦手です。。
またよろしくお願いします。


<< 本日は定休日です。 11月5日... くす玉 >>