人魚姫
とってもうれしいご縁があって、こちらの本がまろねにやってきました。
(それと、うめかよの「じいちゃんさま」も!)
b0102217_22204775.jpg

人魚姫 
清川あさみさんのテキスタイル作品を 鈴木理策さんが写真に撮ったものが挿絵になった絵本。
細かな表現と挿絵の魅力でぐんぐん引き込まれて読みました。

昔ウチにあった人魚姫の絵本も好きだったのですが、
海の中のひんやりした感じや、おどろおどろしい魔女、人魚姫の脚の痛みなど、
子供心にちょっと怖いイメージで、ひとりで読むのには勇気がいりました。
大人になった今読んでみると、人魚姫の恋する気持ちが切なくて、
子供のころに読んでもわからなかった部分がたくさんあることに気が付きました。
今改めて「人魚姫」を読む機会をもらえたことに感謝です。
まろねの本棚に置いてありますので、どうぞご覧ください。

読み終えて、ちいさい頃、家でひとり留守番をしていたときのことを思い出しました。
シーンとした家の中で人魚姫を夢中で読み、
最後のページまで読んでハッと気がつくと、すっかり夕方で部屋が薄暗くなっていて、
急に寂しく怖くなってあわてて電気とテレビをつけたのでした。

(まろね 朋)

****************
引き出し展 ~2009 春
3・4 wed ~3・23 mon
10段の引き出しに個性豊かな10人の手作り作家さんの作品が集まりました!
(アクセサリー・布小物など)
引き出しを開けて、お気に入りの作品をみつけて下さいね。

●○●木更津のcafe カフェ 「まろね」marone●○●

【3月のお休み】3(火) 10(火) 17(火) 24(火) 30(火)

【3月の夜まろね】(~pm10:00)  6(金) 13(金) 20(金) 27(金) 
by marone-cafe | 2009-03-12 22:52 | 雑記 | Comments(2)
Commented by かな at 2009-03-13 19:48 x
「人魚姫」強烈に好きですよ。「足の痛み」本当は「足」ではなく「胸」の痛み。小学生の時から今まで持ち続けている、(何度も引っ越したが)ジョージ・マクドナルドの「ふんわり王女」。魔女の魔法で重力の無い王女が、王子様に出会って初めて重力を持つ。「重さ」とは、「恋に落ちる」ってこと。こんな遠回しな表現がニクイ。こんな表現が思い付く感性がいいなあ。
Commented by marone-cafe at 2009-03-13 20:51
*かなちゃんへ
男の人でも女性の恋心をこんなに描けるんだっていうのにも驚きます。
年を取るごとに、読みなおしてみるといいもんですね。


<< HEMA siesta >>