さくら 四月物語
b0102217_21323232.jpg

maroneのさくらフェアは終了してしまったけれど、街角には桜が満開です。
矢那川沿いの桜並木も美しいですし、
当店の前の小道にも立派な桜が咲きほこっていて、チラリと見ながら和んでいます。

この季節になると思い出して、見たくなる映画があります。
「四月物語」という岩井俊二監督の作品です。

四月は日本人にとっては入学、就職など新しい生活が始まる季節。
この映画では松たか子さん演じる主人公が大学入学の為に上京し、
東京で一人暮らしを初めて・・・というもの。

武蔵野の美しい桜並木、
主人公が住むコンクリートの団地にも満開の桜。
とても美しくて印象的です。

新たなスタートをする時の、ワクワクとドキドキは誰でも経験があると思うのですが、
「四月物語」を見ると、色々な思い出を重ね合わせて胸がギュッとなる。

映画の中で特に好きなシーンは
バタバタで緊張感いっぱいの引越しが終了。
家の前でトラックを見送り、初めて一人になった主人公が
服に付いていた桜の花びらにふと気づいて、ハラハラと振り落とすところ。
一人になった寂しさを振り払っているみたい。静かなシーンです。

松さんの初初しい演技がとても素敵です。
良かったらDVDなどでご覧ください。この季節に見るのが最高ですよ。

<まろね リカ>

●●○●木更津のcafe カフェ 「まろね」marone●○●
「maroneのホームページ」
「marone携帯ホームページ」

*マロネ*君津*富津*袖ヶ浦*雑貨*マトリョーシカ*
by marone-cafe | 2007-04-06 21:39 | 雑記 | Comments(2)
Commented by chigira at 2007-04-08 17:01 x
ステキな写真をありがとうございます。
お花見はマザー牧場まで行ったのですが、もう葉桜になりかけで、矢那川の桜並木の方がキレイでした。
川沿いの桜っていいですよね。
木更津でも、キレイな桜が咲く場所の近くに住めて幸せです。

春になると、こんなにキレイな季節を感じられる日本に生まれてよかったな~としみじみ思います。「四月物語」今度見てみようと思います。
Commented by marone-cafe at 2007-04-09 16:24
chigiraさんへ
マザー牧場へ行ったんですね。私はもう何年も行ってないんです。子豚のレースとか羊の行進とか懐かしいなぁ・・・
川沿いの桜ってホントにステキ。入学式の帰りに隅田川の桜並木に感動したのも忘れられない思い出です。
「四月物語」はぜひぜひっ。
劇中に映画館で時代劇を見るシーンがあるんですけど、ちょっとなのに出演者が豪華なのも注目ですよ!


<< もっちり香片杏仁 4月は「台湾茶フェア」です。 >>